半纏を着用したい【すぐに購入できる業者を選ぶ】

昔ながらの和風羽織物

半纏

部屋着として便利

寒くなると羽織る物が欲しくなりますが、そんな時にあると重宝するのが半纏です。半纏は簡単に羽織れる防寒着として、昔から多くの人に愛用されています。その形からよく羽織や丹前と混同されがちですが、それらの物とは実は用途や作りがまったく違うので間違えないようにしましょう。例えば丹前は綿が入っている点は半纏と共通ですが、丈が長いという違いがあります。そんなロングサイズゆえの重さと使いにくさがあるため、普段着として着用するよりは寝る時の寝具として使われることが多いようです。ちなみに丹前というのは関西風の呼び方で、関東ではどてらという呼び名で親しまれています。また羽織や法被も半纏とよく間違われる着衣でしょう。こちらは丹前と違い着丈やデザインがよく似ているので、混同されるのも無理はありません。実際にこの二つの着衣と半纏との違いを明確に分ける特徴はあいまいで、同じ物として扱っているところも多くみられます。とはいえ法被は胸の部分にひもがなく、別途腰ひもで縛るか前をはだけた状態で着るのが一般的です。しかもお祭りや火消しの際に使うということで、デザインも派手な物が多くなっています。それとは反対に羽織や半纏は胸にひもがついているうえ、落ち着いた柄の物がほとんどなのでそこが大きく違うといえば違うでしょうか。なお半纏は羽織の代用品として使われだした物なので、両者の間にさほどデザインや使い方に違いはありません。ただし現代では半纏を家で着る日常着として使い、羽織はよそ行きとして使い分けていることがほとんどです。

Copyright© 2018 半纏を着用したい【すぐに購入できる業者を選ぶ】 All Rights Reserved.